OB・OGインタビュー 塩野谷龍さん

塩野谷龍さん卒業:2018年3月機械工学科卒業

コース:機械創造 出身研究室:栁澤研究室 勤務先:日本電気株式会社

Q 学生生活で印象に残っていることはなんですか?

A 部活やサークル、研究室など、少し大変だったけどやり切った達成感があるものが今でも印象に残っています。 なので、実習のレポートなども特に印象に残っており、今でも同級生で集まると実習の話などが出てきたりします。

Q 学生時代にやっておけばよかったことはなんですか?

A 旅行、ほかの大学との交流、未来工房で何か作る、など、挙げればきりはないのですが、 今一番思うのは、一分野、極めるまでしっかり勉強しておけばよかったと思います。 何か一芸だけでもしっかり身に着けていれば、その技術を自分の根幹として、別の技術を学びやすくなると感じました。

Q 研究(研究室)について,教えて下さい。

A 私は栁澤研究室に所属しておりました。 研究内容は脳血流の状態を調べて、ロボットを動かしてみたり、機械学習をしたりなど、機械科としては一風変わった内容をやっておりました。 そのため、研究室に入って初めて勉強することは多く、とても新鮮でした。 また、栁澤研究室は、やりたいことの実用性など、筋道がしっかり通っていれば(それが難しいのですが)ある程度自由に研究をやらせてもらえ、 先生も親身になってサポートをしてくださるので、とても楽しくのびのびとした研究室でした。 また、研究室のメンバーもとても仲が良く、今でも一部のメンバーとは月2くらいのペースで会っています。

Q 最後に後輩へのメッセージお願いします

A 学生のうちの経験が、社会に出てからの話のタネになることが多いです。 話のタネが多いと、色々な人と交流が持て、自分の行動の幅がとても広がります。 「勉強しろ」はいろいろな人から聞くとは思いますが、全力で遊べるのも大学時代のいい経験、話のタネとなるので、 大学時代のうちに遊び、勉強、スポーツ等、色々なことに挑戦してみてください。 何度か大学なんてめんどくさいし辞めてやると思ったこともありましたが、終わってみるととても楽しかったし、 また大学生をやりたいと思えるようになるので、ぜひ、機械科での学生生活を満喫してください。

PAGE TOP