就職

就職状況

主な就職先

【自動車】
  • トヨタ自動車(株)
  • 本田技研工業(株)
  • マツダ(株)
  • スズキ(株)
  • (株)SUBARU
  • ダイハツ工業(株)
  • いすゞ自動車(株)
  • UDトラックス(株)
  • 日産車体(株)
  • ヤマハ発動機(株)
【自動車部品】
  • (株)小糸製作所
  • 横浜ゴム(株)
  • (株)ジェイテクト
  • 市光工業(株)
  • 曙ブレーキ工業(株)
  • カルソニックカンセイ(株)
  • NOK(株)
  • アイシン・エーアイ(株)
  • トヨタテクニカルディベロップメント(株)
  • 日本発条(株)
  • (株)ミツバ 
  • (株)ミクニ
  • 矢崎総業(株)
【精密機械】
  • セイコープレシジョン(株)
  • キヤノン電子(株)
  • アマノ(株)
  • (株)アマダ
  • 日本飛行機(株)
  • SMC(株)
  • NTN(株)
  • テルモ(株)
  • 小森コーポレーション(株)
  • 日本電産コパル(株)
  • 日本トムソン(株)
  • (株)東芝機械
  • (株)オーエム製作所
  • (株)池貝
【産業機械】
    • (株)IHI
    • (株)小松製作所
    • 日立建機(株)
    • キャタピラージャパン(株)
    • JFEエンジニアリング(株)
    • トーヨーカネツ(株)
【電気・電子】
  • 三菱電機(株)
  • 沖電気工業(株)
  • スタンレー電気(株)
  • (株)富士通ゼネラル
  • 住友電装(株)
  • 東芝テック(株)
  • 日本信号(株)
  • オリエンタルモーター(株)
  • マブチモーター(株)
  • 日本電産コパル電子(株)
  • 日本航空電子工業(株)
  • SMK(株)
【素材】
  • JFEスチール(株)
  • 三菱マテリアル(株)
  • 古河電気工業(株)
  • 古河機械金属(株)
【その他製造】
  • 大日本印刷(株)
  • (株)吉野工業所
  • 大王製紙(株)
  • 日本製紙クレシア(株)
  • レンゴー(株)
  • ぺんてる(株)
  • 三菱鉛筆(株)
【運輸業】
  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 東海旅客鉄道(株)
  • 北海道旅客鉄道(株)
  • 東京地下鉄(株)
  • 相模鉄道(株)
  • 伊豆箱根鉄道(株)
  • スカイネットアジア航空(株)
  • 日本貨物航空(株)
  • 中部国際空港(株)
【建設業】
  • (株)フジタ 大和ハウス工業(株)
  • 大林道路(株)
  • 東亜道路工業(株)
  • (株)中電工
  • 三機工業(株)
【食品製造業】
  • ハウス食品(株)
  • ヤマザキ・ナビスコ(株)
  • 第一屋製パン(株)
  • フジパングループ本社(株)
  • 東洋水産(株)
【サービス業】
  • 綜合警備保障(株)
  • 成田空港警備(株)
  • ANAテレマート(株)
  • (株)JALグランドサービス
  • (株)成田エアポートテクノ
  • 東武ステーションサービス(株)
  • ドコモ・モバイル(株)
【公務員】
  • 防衛省陸上自衛隊
  • 警察庁警視庁
  • 千葉県警察本部
  • 新潟県警察本部
  • 長野県警察本部
  • 東京消防庁
  • 新宿区役所
  • 横浜市役所
  • 静岡市役所
  • その他多数

大学院への進学

技術革新による産業のハイテク化が進み現在、技術者に求められるニーズはますます多様化、高度化してきています。すなわち、技術者に基礎工学から先端技術までの知識、および幅広い視野と応用力が要求されております。とりわけ、技術者が日進月歩の知識を吸収し、より新しい技術を生み出す能力を維持するためには、4年間の学部における教育だけでは対応しきれない時代になっています。このため、学部卒業時に修得している技術や知識に加えて、それをより総合的に高めていくための継続教育が必要とさています。このような現状から、大学院は学部における教育を基盤とし、より高度な応用科目を教授し、専攻分野における応用的な研究能力を高める場として設置されており、博士前期課程(修士課程)2年と,博士後期課程(博士課程)3年から構成されています。大学院生は授業のほかに、研究者としての素養を身につけることを目的に、自己研鑽に励み、その研究成果を学会などに公表することも行っています。さらに将来自立した研究者になることを希望する人は、博士後期課程で独創的な研究を行うことにより、社会に認められた研究者への道を切り開くこともできます。

今日、各企業が専門的知識を習得した多くのエキスパートを必要としているために、企業は大学院修了者に大きな期待を寄せており、ほとんどの大学院修了者が希望する企業に就職できるのが現状です。実際、産業界の第一線で最先端の研究・開発に従事する技術者の多くは、大学院において優れた指導者のもとで能力、知識、工学的センスなどを磨くことが不可欠な要素になっていると言っても過言ではありません。こうした応用能力を習得したい意欲のある学生諸君に大学院進学を推奨します。

大学院の構成

博士前期課程(修士課程):2年間
博士後期課程(博士課程):3年間

定員

博士前期課程:各学年30名
博士後期課程:各学年3名

授業科目

<博士前期課程>製作中

主な就職先

大学院機械工学専攻修了生の主な進路先 (最近5年間)

  • トヨタ自動車(株)
  • 本田技研工業(株)
  • マツダ(株)
  • 三菱自動車工業(株)
  • スズキ(株)
  • (株)SUBARU
  • いすゞ自動車(株)
  • 日野自動車(株)
  • ヤマハ発動機(株)
  • (株)ブリヂストン
  • 三菱重工業(株)
  • 全日本空輸(株)
  • 東日本旅客鉄道(株)
  • 日本貨物鉄道(株)
  • 成田国際空港(株)
  • (株)東芝
  • 三菱電機(株)
  • キヤノン(株)
  • 日本電気(株)
  • 富士通(株)
  • クラリオン(株)
  • セイコーインスツル(株)
  • (株)小松製作所
  • 井関農機(株)
  • 東洋エンジニアリング(株)
  • 住友軽金属工業(株)
  • 日立金属(株)
  • 古河スカイ(株)
  • 日東紡績(株)
  • 三菱樹脂(株)
  • 日本自動車研究所

奨学生制度

大学院生を対象とした奨学金には次のものがあります。①~③は学業成績優秀者を対象とし、④は希望者の中から選考により決定し、⑥は一般教育や製図、実験などの実技科目の教育補助を行います。なお学部生に対しては、日本大学特待生(甲種と乙種)制度および次の③~⑤があります。

  1. 日本大学古田奨学生(年間20万円)
  2. ロバート・F・ケネディ奨学生(年間20万円)
  3. 生産工学部奨学生(年間授業料相当額)
  4. 日本育英会(3~10万円/月)
  5. 企業の奨学金(企業によって異なる)
  6. TA(ティーチングアシスタント)制度によりTAを行えば約2万円/月が支給されます。
  7. RA(リサーチアシスタント)制度によりRAを行えば年間最高48万円が支給されます。
PAGE TOP