教員プロフィール

丸茂 喜高

担当科目 研究テーマ
機械振動工学
自動車制御工学
システム制御
メカトロニクス演習
システムモデリング演習
応用数学Ⅱ
列車運転士の運転支援システムに関する研究
ドライバの運転行動に対する動機づけ関する研究
二輪車・連結車の運動と制御に関する研究
                                                           
資格准教授 博士(工学)
学歴1998年 東京農工大学 工学部 機械システム工学科 卒業
2000年 東京農工大学 大学院 工学研究科 機械システム工学専攻 博士前期課程 修了
2006年 東京農工大学 大学院 工学府 機械システム工学専攻 博士後期課程 修了
取得学位修士(工学)
博士(工学)
専門分野機械力学、制御工学、車両システム工学
居室12号館507室
メールアドレスmarumo.yoshitaka(の後に「@nihon-u.ac.jp」をつけてください)
研究室URL http://www.me.cit.nihon-u.ac.jp/lab/marumo/
研究室の構成と方針機械力学・制御工学・人間工学を中心として,安全・安心で豊かなモビリティ社会を実現するための研究を行っています.成果が得られた研究については,国の内外を問わず,各種学会等で発表を行います.
研究内容 1.列車運転士の運転支援システムに関する研究
駅停止時の軽微なオーバーランは、甚大な事故に直結しませんが、運転士への心的なプレッシャーになり、ヒューマンエラーを引き起こす可能性が考えられます。そこで、駅停止時に運転士に対して、列車の予想停止位置を呈示することによりオーバーランを防止する研究を行っています。実験では、運転シミュレータを活用しています。運転支援の他に、運転士の異常状態を検出する研究も行っています。

2.ドライバの運転行動に対する動機づけに関する研究
リスクホメオスタシス理論によると、安全装置を導入しても、ドライバのリスク補償行動により、十分な効果が得られないと言われています。そこで、そもそも事故を起こさずに安全運転をしたくなるような動機づけの方法について検討しています。ドライバへの動機づけは、主に車載表示器を想定して、インタフェースを工夫することで試みます。ここでは、安全運転のみでなく、省エネ運転や交通流についても対象としています。現在、善行運転(利他的運転)に対する動機づけによる交通流改善の効果を検証しています。

3.二輪車の運動と制御に関する研究
二輪車は自動車と比較して環境負荷が低く、パーソナルモビリティビークルとしても期待されていますが、車体が転倒する可能性があり、運転するのが比較的難しい乗り物です。そこで、ステアバイワイヤ技術を二輪車の操舵系に適用することで、誰もが簡単に運転できることを目指します。さらに、操縦者が認知・判断・操作の過程でエラーを犯した場合でも、安全な状態に復帰できるような運転支援システムについても研究しています。シミュレーションでは、基礎的な車両モデルの他に、BikeSimを活用しています。その他、ライダの操縦を模擬するライダモデルや、二輪車特有の振動モードについても検討しています。

4.連結車の運動と制御に関する研究
セミトレーラを始めとした連結車は、自動車輸送の根幹を担いますが、一般的な大型車と比較して運動特性が異なり、最近では横転事故の記事を新聞などで目にすることがあります。そこで、セミトレーラなどの運動性能を向上させる制御や、ドライバの運転を支援する制御について検討しています。シミュレーションでは、基礎的な車両モデルの他に、TruckSimを活用しています。
実験装置 トレインシミュレータ,ドライビングシミュレータ,車両運動シミュレーションソフトウェア(CarSim,TruckSim,BikeSim)
その他
研究者情報データベース http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/68/0006748/profile.html
PAGE TOP